パートナーシップ協定

 7月25日(水)

この度、会津若松市と跡見学園女子大学が

地域振興や学術研究のためのパートナーシップ協定を締結しました。

2011年9月に、跡見学園女子大学が実施しているインターンシップの

受け入れを本市が行なったのをきっかけに連携を深めてきました。

観光を学ぶ学生が本市の抱える深刻な風評被害の現場を視察し、

観光客誘致の実践的な活動を通して本市の現状を把握しました。

そして、本市に対して女子大生ならではの視点を活かした

今後の風評被害対策を提言いただきました。

昨年10月には、跡見学園女子大学の学園祭にて、

会津のPR・物産展を実施し、本市に対し学園祭での収益金を寄付いただきました。

写真は、跡見学園女子大学山田徹雄学長です。

平成24年度「愛のパトロール」出発式

7月25日(水)

子どもたちの笑顔が私達大人をはじめ社会に活力を与えてくれています。

この笑顔を守り続けるために、青少年健全育成県民総ぐるみ運動の一環として

愛のパトロールをお願い致しました。

各小中学校、高等学校の校長先生をはじめ、

会津若松警察署並びに多くの少年センター補導員の皆様にご参加いただきました。

ありがとうございました。

今週の照平フォト7月16日(月)~22日(日)

「新潟市・会津若松市観光交流宣言」 調印式

7月22日(日)

昨年3月11日に発生した東日本大震災の際、

新潟市からは燃料や日常生活物資が被災地へ届けられ、

両市を結ぶ基幹ルートの重要性と、長年の交流による深い「絆」が確認されました。

歴史深い両市の絆をさらに深め、

今後の一層の広域観光や教育旅行を推進していきます。

今週の照平フォト7月9日(月)~15日(日)

会津まちづくり応援隊 第1回ワークショップ

7月8日(日)

会津まちづくり応援隊 第1回ワークショップ

(1)まちなかの将来像を描き、

  その具現化に向けた短・中期的なプロジェクトの策定

(2)にぎわいづくりに向け自らが企画運営主体となるリーダーの育成

(3)にぎわいイベントの創出

を目的に第1回ワークショップが開催されました。(会津若松市民46人が参加されています。)

今後、市民と協働でまちなかの「ありたい姿やあるべき姿」を描いていくにあたり、

その考え方の土台となる理念「何のためにするのか」

「なぜ中心市街地活性化なのか」を全員で考え設定して頂きました。

「青少年健全育成県民総ぐるみ運動」

7月7日(土)

これから迎える夏休みを健全に楽しく過ごせるよう、

関係者の皆様と一致団結して街頭啓発活動を行いました。

これからも、地域の子どもは地域で守り育てるという機運づくりと

実践活動の推進を図っていきます。

いつもながら思いますが、子どもたちの笑顔は、我々に活力を与えてくれますね。

今週の照平フォト6月25(月)~7月1日(日)

「会津復興応援店」

7月1日(日)

「会津復興応援店」オープニングセレモニーに出席してきました。

会津若松市長記者発表

6月28日(木)

会津復興応援店(横須賀店設置)について
発表内容 復興会津応援店(横須賀市)の設置について
詳しい資料については会津若松市役所ホームページ内の

「記者発表」にてご覧いただけます。

http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/ja/kisha/index.htm

トップへもどる